【麻酔の知識】整形手術ってずばり痛いの?

【麻酔の知識】整形手術ってずばり痛いの?

麻酔 整形手術 痛い 湘南美容クリニック


美容整形に興味はあるけど、疑問や不安があってなかなか一歩踏み出せずにいる方がほとんどだと思います。


ここでは、私の体験を元に出来るだけ情報を提供していこうとおもいます。


美容整形で私が一番不安だったのがまず痛みについてです。


体験記事を読まれた方なら、私がどれだけ痛みに弱くて怖がりだという事は分かっていただけたと思いますが、


注射嫌いな私がこれまで美容整形をしてこれたのは「麻酔」の存在です。


整形手術するにあたって「麻酔」は絶対に欠かせません。


糸を通して二重にする施術も、メスを使う手術も「麻酔」を必ず使用します。



そこで湘南美容クリニックで使用されている麻酔について説明していきます。


麻酔とは?

麻酔剤を使用して鎮静や鎮痛を行い、施術中の痛みやストレスから体を守ります。


【鎮静】・・・恐怖心を和らげる    【鎮痛】・・・痛みを軽減する


★麻酔の種類と説明★

表面麻酔 主に、注入・レーザーなどの施術に適しています。

●患部とその周辺に麻酔クリームまたは麻酔テープをつけて、【鎮痛】をします。

●こんな副作用が起きる事があります。 

 ・接触性皮膚炎(赤身、かゆみ、蕁麻疹など)  ・表皮剥離、刺激感、熱感 など

局部麻酔 主に、プチ整形・ミラドライなどに施術に適しています。

●患部とその周辺に注射で薬剤を注入して、【鎮痛】をします。

●こんな副作用が起きる事があります。 

 ・だるさ ・熱感、発熱 ・頭痛 ・咳 ・蕁麻疹、痒み ・むくみ ・冷や汗 ・動悸 ・アナフィラキシーショック など

※ミラドライとは、切らないワキガ・多汗症治療の事です。

笑気麻酔 主に、プチ整形・脱毛などの施術、注射の痛みを和らげるのに適しています。

●鼻もしくは口からリラックス効果のある笑気ガスを吸い【鎮静】【鎮痛】をします。

●笑気ガスを吸うとすぐに効果が現れやすく、止めるとすぐに回復します。

●こんな副作用が起きる事があります。 

 ・ふらつき、酩酊状態 ・頭痛 ・嘔気 ・嘔吐 など

安心麻酔 主に、切開を必要とする施術に適しています。

●点滴で静脈内に薬剤を投入して、【鎮静】と全身の【鎮痛】をします。

●笑気麻酔より効果が高く、【鎮静】の深さを調整できるため、外科手術に適しています。

●こんな副作用が起きる事があります。 

 (使用中、一時的に起きることがある)
 ・入眠作用 ・健忘作用 など

 (比較的起きやすい)
 ・興奮 ・不整脈 ・徐脈 ・血圧上昇、低下 ・頭痛 ・めまい ・しゃっくり ・ふらつき など

 (ごく稀に起きることがある)
 ・呼吸抑制 ・一過性の呼吸停止 ・排水腫 など

硬膜外麻酔 主に、首から下の広範囲で侵襲の高い手術に適しています。

●背中から硬膜外腔に局部麻酔薬を投与して、下半身の【鎮痛】をします。

●脊髄神経を遮断し、一時的に麻痺させることにより、痛みを感じなくなります。

●こんな副作用が起きる事があります。 

 (比較的起きやすい)
 ・血圧上昇、低下 ・徐脈 ・頻脈 ・心室性不整脈 ・呼吸困難 ・めまい ・頭痛 嘔吐 など

 (ごく稀に起きることがある)
 ・意識障害 ・痙攣 ・アナフィラキシーショック ・運動障害 など

●既往歴、現病歴、手術歴、使用中・服薬中のお薬について、妊娠・出産・授乳中について、
アレルギー・その他お体で心配な事について、事前にカウンセラーやドクターに必ず申告してください。


私は今までの美容整形手術で、「表面麻酔」「局部麻酔」「笑気麻酔」「安心麻酔(静脈麻酔)」を経験しました。


麻酔をすることによって、術中の痛みはありません


ただ、局部麻酔では注射による麻酔ですので針をさす時に「チクッ」と痛みがありますが、一瞬なので我慢できるレベルです。


施術後には麻酔が切れて痛みがでますが、処方された鎮静剤を飲めば痛みは和らぎます。


術後から1週間もすれば痛みもなくなり腫れなども引いてきます。



整形手術では痛みをなるべく感じないように配慮されています。



湘南美容クリニック公式サイト

〜こちらの私の体験記事もどうぞ〜

★整形するきっかけ
★二重の埋没法
★切らない眼瞼下垂術
★目尻切開
★たれ目術
★涙袋形成
★鼻のヒアルロン酸注射
★脇のボットクス注射【わきが・多汗症対策】
★小顔注射BNLS neo【脂肪溶解注射】
★フォトシルクプラス【シミ・くすみ対策】

美容整形


TOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加