【切開法】目尻切開

【切開法】目尻切開

 

私の目は元々、中心寄りでキツイ印象。

 

 

目の横幅も狭い。

 

 

 

「もっと切れ長の目だったらな・・・」

 

 

 

引っ張ってみても切れ長になる訳はなく、テレビで見るタレントさんの目を見ては「いいな〜」と思うばかり。

 

 

埋没法で二重を手に入れ、切らない眼瞼下垂術では黒目がちの目を手にいれ、

 

これ以上は整形するなんて、全く考えていなかった。

 

 

それでも、

 

 

「こんな風になれたらいいな」

 

 

って思ってしまうんですよね。

 

 

「美」に対しての欲望は女性の永遠のテーマだと思います。

 

 

整形は人工的で作りモノだという人もいるけど、

 

私は整形で何より自分に自信が持てたし明るい性格にもなった。

 

周りから沢山「可愛い」とも言われるようになったので後悔はしていません。

 

 

 

あの日誓った、

 

 

「なりたい自分になる!」

【切開法】目尻切開 湘南美容クリニック 体験

 

 

ちょっと、前置きが長くなりましたね。

 

それでは本題。

 

 

冒頭でも言いましたが、目の横幅が本当に狭いんです。

 

美容整形で埋没法の次に人気があるのが、目頭切開。

 

モデルさんとかの目を雑誌で見ると目頭の蒙古ひだがザックリ見えています。

 

目頭側に見えるピンクのひだです。

 

日本人の多くがこのピンクの蒙古ひだが隠れています。

 

隠れている事で目が小さく見えてしまって、この部分の皮膚を切開する事によって目が大きく見えます。

 

 

目尻切開はこの反対の目尻側を切開します。

 

 

 

効果としては、切れ長の目になる、目が大きく見える

 

 

 

私の目は真ん中寄りなので、目頭切開をしたら余計目が近くなり不自然なので目頭切開はしていません。

 

 

バランスを良くしたいのと、切れ長の目になりたくて、目尻切開の施術を受ける事にしました。

 

 

ただこれまでは、糸による施術だったので比較的お手軽のメイク感覚でしたが、

 

 

「切開」となると、直接体にメスを入れる事になります

 

 

今まで病気やケガでの手術はした事なかったので、

 

今回は結構決断に時間はかかりました。

 

 

メスを入れるという事は、それだけダウンタイムも必要になってきます。

 

 

そして、湘南美容クリニックの切開法ですと静脈麻酔による施術になります

 

 

私は二重の埋没法と切らない眼瞼下垂術では笑気麻酔と局部麻酔の経験しかないので、この静脈麻酔がどんな感じなのか分からなかったし、切るという行為を考えるだけで怖かったのが正直な所です。

 

 

抜糸も必要になってくるので、長期休暇を取らなくてはいけません。

 

 

「どのくらい目尻を切開するんだろう・・」

 

「目尻を切って血が止まらなかったらどうしよう・・」

 

「抜糸までの間、メイクも洗顔も出来ないのか・・」

 

 

こんな事を思いながら、私は約1ヵ月悩みました。

 

 

でも、やらなかったら私は絶対後悔する!

【切開法】目尻切開 湘南美容クリニック 体験

 

 

そうして、私は湘南美容クリニックに予約をしました。

 

 

 

【切開法】目尻切開のカウンセリング編

 

 

前回、切らない眼瞼下垂術の手術をしたのが約2年前。

 

 

二重の埋没法からして、私は2年周期で整形をしたくなるみたいですw

 

 

私を二重にしてくれて、切らない眼瞼下垂術では黒目がちの目にしてくれたあの先生をまた指名しよう。

 

 

久々に湘南美容クリニックに予約をしましたが、

 

先生はなんと湘南美容クリニックの違う医院の先生になっていました。

 

先生達はまんべんなく全国の湘南美容グループのクリニックに配属されるみたです。

 

関東圏なら頑張って行けたんですが、その先生は関西圏。

 

 

うーん、抜糸の事を考えると関東以外は厳しい。

 

 

少し悩んで再度WEBからカウンセリング予約をし▼その他の項目に、

 

 

「新宿本院で切開の上手な先生をお願いします。」

 

 

と書き込みました。

 

⇒湘南美容クリニック予約のしかた

 

 

どうやら切開系の施術をする先生はベテランの先生のみがするそうです。

 

 

少しホッとしました。

 

 

いきなり研修員みたいな先生に切開してもらうのって超絶不安でしかありませんし。

 

 

そして、約2年ぶりの新宿本院です!

 

 

私は今回ダウンタイムを含めて、仕事を10日程お休みしました。

 

術後は腫れるのを想定して、新宿本院の近くのホテルを予約しました。

 

この時もまだ実家暮らしでしたので、バレる訳にはいかなかったんです。

 

 

さすがに今までの施術とは違うものになるし、メスへの恐怖がありました。

 

目の先端で刃物とか想像しただけでも気絶レベルですもん。

 

 

 

でも、やる!って決めて計画した以上は後には引けません。

 

 

 

新宿本院は同じビル内でお引越しをされて、今までの2倍はありそうな立派な医院になってました。

 

 

お客様の座る席も工夫がされているし、従業員さんの数も凄く増えていました。

 

 

相変わらずお客様でいっぱいです。

 

 

受付を済ませ、番号の書いてあるフォルダーを渡され自分の番を待ちました。

 

 

15分後、自分の番号が呼ばれカウンセラー室へ。

 

今まで過去2度の施術(二重の埋没法、切らない眼瞼下垂術)では、

 

カウンセラーのお姉さんが体験者だった事もありとても心強かったんです。

 

 

でもさすがに今回の「目尻切開」は少しマイナーな事もあって個人的なアドバイスを聞くことは出来ませんでした。

 

しかし、細かく施術の流れやダウンタイム後の過ごし方等、教えてくれました。

 

 

目頭切開を希望される方が多い反面、目尻切開はそこまで多くはないみたいです。

 

 

抜糸するまでの約1週間は色々と制限があります。

 

 

10日間のお休みを取っておいて良かったです。

 

 

目尻切開は静脈麻酔での施術ですので、今回は同意書の数が多かったです。

 

 

一通りサインして、支払いは頭金の5万円を支払いました。

 

 

カウンセリング→後日施術という流れになります。

 

 

そして先生によるカウンセリングは結構時間がかかりました。

 

なぜなら、

 

 

私は施術より静脈麻酔の方が凄く不安で不安でいっぱいだったからです。

 

 

・意識はあるのか?

 

・麻酔が体内に入ったらスパって目の前がブラックアウトするの?

 

・もし、途中で麻酔が切れて痛みがダイレクトに伝わってきたらどうしよう・・

 

・万が一、麻酔から目覚めなかったら・・

 

 

不安を先生にぶつけました。

 

 

先生は優しく丁寧に説明してくれました。

 

 

【麻酔の知識】整形手術ってずばり痛いの?

 

 

・安全性を一番考慮して考えられた麻酔だという事。
・患者さんの体への負担を少なくする為。
・切開中に体が動いていてしまうと、スムーズに施術が行えない。
・麻酔中はボーっとする感じ。または、眠ってしまうので痛みはない。
・施術中は常に麻酔担当の方がついていて、量を調整している。

 

 

この時点で、怖さが半減しました。

 

 

ただ、こればかりは実際に体験してみないと分からない。

 

 

実は、物凄い怖がりで不安症で痛がりの私はこの目尻切開をする!となった時に遺書を書いたんですw

 

 

「大袈裟すぎる!」

 

「なんで?」

 

「そんな不安でよく整形出来るね」

 

「どんだけ〜」

 

 

そんな言葉が聞こえてきそうですが、

 

 

万が一何かあったら!

 

 

と思ってしまうんですよ。

 

 

だって、怖いんだもん(;´∀`)

 

 

そこまでして、整形する意味ある?

 

 

 

「はい、あります。」

【切開法】目尻切開 湘南美容クリニック 体験

 

 

 

なりたい自分になりたいから。

 

 

 

 

【切開法】目尻切開の施術編

 

 

 

施術前日は、静脈麻酔を使用するので禁止事項があります。

 

 

@アルコール・下剤は禁止。
A手術の6時間前から、コーヒー、乳製品、ジュース類、食事などの固形物禁止。
B手術の3時間前から水、お茶などの飲み物禁止。

 

 

忠実に守りました。

 

 

【整形手術】前日の過ごし方

 

【整形手術】当日の注意点 流れ

 

 

 

そして、当日。

 

 

今回の先生は湘南美容クリニックのドクターになって約10年のベテラン先生。

 

 

先生とのカウンセリングをした時、切開系の施術が得意分野と聞きました。

 

 

口数はそこまで多くないけど、時たま見せる笑顔が優しくてなんとなく安心出来る先生。

 

 

受付を済ませ、残りの施術代を支払いました。

 

今回は少し高めの料金なのでカードで支払いました。

 

 

この時初めて知ったのですが、カード払いの時は湘南美容クリニックのポイントカードの還元率が1%になってしまいます。

 

 

5万を越えてくる支払いの場合、ポイントも沢山つくので本来は現金払いがオススメです!

 

 

現金払いなら3%、6%の還元率がつきます

 

 

化粧等を落とすクレンジングルームへ案内され、念入りに洗顔します。

 

 

施術室に入ると、まずいつものお薬セットを看護師さんに渡されて説明を受け、写真をパチリ。

 

※モニター希望以外の方は、この写真は外部に一切出回るモノではないのでご安心を。

 

※因みに私はモニターではありません(^^;)

 

 

切開系の施術ともなると、私が知っているいつもの施術室ではありませんでした。

 

 

埋没法等の糸で比較的短時間で施術をする時は結構簡素な作りの部屋だったので、

 

「お!」

 

となりました。

 

 

医療機器が並んでいてテレビで見る手術室に近いかな?

 

 

本格的な感じが緊張感が増します。

 

 

手術台に横になり、笑気麻酔を鼻から吸えば緊張も溶けていき、精神的にも凄く安定していました。

 

 

点眼麻酔をし、先生が私の目を覗き混むと同時に看護師さんが、

 

 

 

「では、静脈麻酔入りますね〜」

 

 

「はい」

 

 

 

んん!?

 

 

ちょ!ちょっとー!!

 

 

ん!
苦しい!!?

 

 

苦しくない!!!

 

 

目の前が瑠璃色(ブルー)に染まり、先生や看護師さんが私の顔を覗き混んで、

 

 

 

先生「痛い?痛い?痛い?・・・」

 

 

 

 

そんな声が聞こえて、返事をしたのかも覚えてなく気が付いたら施術が終わってました。

 

 

 

へ?

 

 

嘘でしょ!

 

 

 

私、さっき目の前が真っ青になって1秒後に終わっているって。(゚Д゚;)

 

 

 

この不思議な感覚を説明するのが難しいんですが、

 

麻酔が血管を通って体中に麻酔がいきわたる感覚を感じながら、

 

溺れるような苦しさを一瞬だけ感じ、ボーっとしたと思ったら施術が終わっていた。

 

 

 

しかも当たり前ですが、痛くない。

 

 

 

先生に鏡を渡されて目尻を覗きこむと、黒い糸がマツゲみたいにちょこんと出ている。

 

私の幅狭の目が少し横長になっている。

 

 

腫れは全然ありません。

 

 

ただ、切開したところが重い感覚がありました。

 

なんだ、これくらいなら1日のダウンタイムで済むかな?とこの時は思っていました。

 

 

先生と看護師さんにお礼を言って湘南美容クリニックを後にしました。

 

 

この後は腫れを想定していたので湘南美容クリニック新宿本院から歩いて1分くらいの所にあるホテルに泊まりです。

 

 

サングラスを用意していましたがl、そこまで隠す程でもなかったので仕事でかけているメガネで移動しました。

 

 

あれだけ怖かった静脈麻酔。

 

 

やってみたらこんなものか・・。

 

 

人間不思議ですね。

 

 

私は、今となっては局部麻酔の方が怖さを感じています。

 

静脈麻酔は知らない間に終わって、痛みも恐怖も感じず精神的負担はありません

 

 

他の美容クリニックでは、切開系の施術では局部麻酔が常識です。

【切開法】目尻切開 湘南美容クリニック 体験

 

 

湘南美容クリニック総合医院長先生の奥様が患者さんだった時に、

 

「精神的負担を抱えないで出来る麻酔」があればというアドバイスを受け、

 

切開系の施術では静脈麻酔が導入されたみたいです。

 

 

 

【切開法】目尻切開の施術後・・

 

 

 

ホテルにつきチャックインを済ませ、部屋に入るなり一目散にユニットバスの鏡へ。

 

 

あらゆる角度から目尻をチェック。

 

白目の部分の面積が広がっている。

 

 

この時点では、よく目尻切開の施術で白目のブヨブヨが浮き出てしまうといった事は一切ありませんでした。

 

 

数時間前はあれほど怖かった切開の施術が、今じゃ大満足な自分が居て嬉しくて自然に笑みがこぼれてしまう。

 

 

 

しかも今回は静脈麻酔で一切記憶がないので、施術中の精神的負担がなかった事が大きいと思いました。

 

 

 

そして、ホテルでは頭を高くして横になり(頭を高くして寝る事によって腫れを極力抑えます)、

 

ゆっくりテレビを見て過ごしました。

 

 

【整形手術】ダウンタイム

 

 

時間が経つと、目尻と頭がジンジン痛くなってきました。

 

 

麻酔と切開の影響です。

 

 

麻酔が切れてくると頭痛や吐き気を伴う事があるそうです。

 

 

切開は切った所の麻酔が切れてジンジンと痛くなります。

 

 

ここで処方された痛み止めを飲みます。

 

 

痛み止めを飲めば治まります。

 

 

実は、糸での施術(埋没法、切らない眼瞼下垂術)では実は痛み止めを処方されても、実際1回くらいしか飲んでいません。

 

 

そのくらい、糸でも施術は痛みはありませんでした。

 

 

でも今回は切開なので、痛みは続きます。

 

 

目の周りを冷やして、痛み止めを飲む。

 

 

この繰り返しで、1日目を過ごしました。

 

 

 

【切開法】目尻切開施術2日目

 

 

目が開きません(;´∀`) 

 

 

目ヤニでパリッパリッになっていました。

 

 

この目ヤニは埋没法の時で慣れているので、薄目を開けて洗面所へ向かいます。

 

 

ティッシュペーパーを水で濡らし、優しく優しく目を撫でるようにふきます。

 

 

目ヤニが取れて、正面の鏡を覗くと昨日と打って変わって腫れています

 

 

目の下の窪み部分がパンパンに腫れていました。

 

 

 

「うわ、これは長期休暇取っといてよかった」

 

 

 

目の周りを相変わらず冷やしながら、ただひたすら腫れが落ちつくのを待ちます。

 

 

この日はチャックアウトをしたら家に帰る予定でしたが、施術当日より腫れてますし、

 

こんな顔を家族には見せられないので、最終手段としてマンガ喫茶に駆け込みました。

 

 

「またホテルに泊まればいいんじゃない?」という意見もあるかと思いますが、整形費用等で金欠でした;

 

 

マンガ喫茶では、フラットタイプ(足を伸ばせる)のお部屋で雑誌見たり、ひたすらジッとしていました。

 

 

痛みは相変わらずあります。

 

 

この痛みがいつまで続くのか少し不安でした。

 

 

痛みが治まらなかったらどうしよう。

 

 

「処方された痛み止めの薬がなくなったら市販の鎮痛剤飲んで大丈夫なのかな?」

 

「この痛みはもしかしたら、神経に触れてしまったものなのでは?」

 

 

 

何度も言いますが、私は大の心配症です!

 

 

多かれ少なかれ、皆さんも新しいことをする時って緊張だったり不安はあると思いますが、私は度が越えての心配症です。

 

 

湘南美容クリニックで施術をする時は他の美容整形外科のホームページを見て比較をし、情報は片っ端から調べます。

 

 

そして、その施術の知識、施術内容、値段、口コミを全て見ます。

 

 

オタクみたいですが、このくらい調べないと落ち着かないし、納得いかないんです。

 

 

そしてやっぱり、私の信頼している湘南美容クリニックでカウンセリングをして、納得いったら施術をしています。

 

 

このくらい自分で納得いけば、施術後に後悔をすることはないと思います。

 

 

※今は情報社会ですから、ただただ「〇〇美容外科は安くてお得ですよ!」と言わんばかりのサイトをよく見ますが、自分でよく調べるって事は大事だと思います。

 

 

 

何故なら、

 

この体は世界で1つしかない大事な体です!

 

 

 

軽い気持ちで整形をして、後悔をしている人も沢山います。

 

 

しっかりドクターやカウンセラーに自分の希望する意思を伝え、

 

納得のいく答えが返ってきた時に初めてそこでGOサインがでます。

 

 

ちょっと話がずれましたが、この不安症が時には大事になる時もあります。

 

 

 

※流されるままに妥協だけはしないで下さいね。

 

 

 

マンが喫茶で丸1日を過ごし、少しずつ腫れが引いてきました。

 

 

結局、私の不安に思っていた事は現実にはならずに済みました。

 

 

約3日分+1回分の痛み止めを処方してもらっていましたが、

 

痛み止めがなくなるタイミングで痛みも治まり頭痛もなくなりました。

 

 

 

頓服薬もダウンタイムに合わせてちゃんと計算されているんですね!

 

 

 

家で掃除とか仕事の勉強等をしてダウンタイムを過ごし、いよいよ抜糸です。

 

 

施術してから大体1週間後に抜糸をするんですが私の場合、先生の都合もあり施術から8日後の抜糸でした。

 

 

この8日間は黒い糸がずっとついている状態ですが、黒い糸なので睫毛に見えて一切周りにバレる事はありませんでした。

 

 

 

 

【切開法】目尻切開の抜糸編

 

 

 

ワクワクしながら湘南美容クリニックへ向かいますが、この先が一番大変だった。

 

 

抜糸そのものに対して、「糸を取るだけだから余裕♪」なんて思っていたのですが、

 

痛みや先端恐怖症に近い怖がりな私ですからこの抜糸は本当に怖かった。。

 

 

湘南美容クリニックに到着し、抜糸だけという事もあり15分もしないで呼ばれました。

 

 

看護師さんが抜糸をしてくれます。

 

 

ピンセットと眉毛切りくらいのハサミを使い、

 

まずピンセットで目尻についている黒い糸を引っ張りながら皮膚に埋没している玉止めの部分を切るという作業。

 

でもこれが、

 

 

「ハサミで皮膚を切ってしまうんじゃないか?」

 

 

という不安でいっぱいになりました。

 

 

想像しただけでもフラフラしますが、ここはベテランの看護師さんが私を怖がらせないように優しく慎重に抜糸をしてくれました。

 

 

大体5分もしない抜糸らしいのですが、私はこの時点で15分かかってます。(汗)

 

糸を引っ張る時の痛みで涙がポロポロでるし、それを看護師さんが何度も吹いてくれる。

 

 

 

いざ、糸を切る時も私が「怖い!怖いですー!」というとその手を止めてくれて、本当に情けない自分・・

 

 

 

それでもイヤな顔せずに、私のペースに合わせてくれる看護師さんに感謝です。

 

 

そんな看護師さんに迷惑をこれ以上かけてはいけないと覚悟を決め、

 

 

 

「やっちゃって下さい!」(>_<)

 

 

看護師さん「はい!」

 

 

パツ!

 

 

看護師さん「取れましたよ!」

 

 

 

あ、あ〜良かった・・・。

 

 

 

糸を抜く痛みもなく1回やってしまえば、反対側の目もすんなり取る事が出来ました。

 

 

 

本当に小心者でスミマセン。(;´・ω・)

 

 

抜糸をして、なんか目元がスッキリしたのを今でも覚えています。

 

 

鏡を見て、抜糸後の自分の目は更に大きくなっていました。

 

 

先生にも元より3ミリ広がっていると言われ、ダウンタイムも良好という事で私の目尻切開はこれで終わりです。

 

 

 

目尻切開は世間的にあまり効果を感じられないと言われておりますが、私のように元々目が近かったりする方は効果が出やすいと思います。

 

 

 

実際私もあれからダウンタイムを数カ月経て、以前と比べるとガッツリ切っているっていう感じではなく、目の横幅がなんとなく広がったという印象です。

 

 

 

自然な感じがとても気にいっています!

【切開法】目尻切開 湘南美容クリニック 体験

 

 

 

美容整形は数ミリの世界で印象が変わるので、

 

劇的に変化を求めている方は私が次に体験した、下眼瞼下制法【たれ目術】を参考にして下さいね。

 

 

長い文章なのに最後まで見てくださってありがとうございましたm(__)m

 

 

症例写真が豊富!湘南美容クリニック公式サイト【無料カウンセリング】

 

「目尻切開」の体験談・口コミはこちら!

 

 

 

〜こちらの私の体験記事もどうぞ〜

 

★整形するきっかけ
★二重の埋没法
★切らない眼瞼下垂術
★たれ目術
★涙袋形成
★鼻のヒアルロン酸注射
★脇のボットクス注射【わきが・多汗症】
★小顔注射BNLS neo【脂肪溶解注射】★フォトシルクプラス【シミ・くすみ対策】

 

美容整形

 

 

TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加