【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術

湘南美容クリニック デカ目 眼瞼下垂 体験

 

切らない眼瞼下垂術とは・・・

 

【眼瞼下垂】

 

・まぶたが上がりにくく視界が狭く見える状態

 

・先天性、後天的理由(加齢・コンタクトレンズ装用等)により上まぶたが開きずらくなる
・目が座っているような目つきで、コワオモテや不機嫌な人という印象を与えてしまう

 

※「眠そう〜」とか「ガチャピン」とかよく言われる方は、眼瞼下垂の可能性が高いです。

 

 

一般的な眼瞼下垂の手術は、

 

まぶたの上を切開して緩んでしまった筋肉を引っ張り出して瞼板に縫合固定します。

 

 

美容外科での「切らない眼瞼下垂術」という施術は、

 

糸で拳筋と瞼板との弛みを補強する方法です。

 

切開法とは違い、抜糸もないので1回の来院で済みます。

 

 

黒目が大きいと愛らしい印象で、

 

芸能人はこの黒目が出ている比率がとても高いと言われています。

 

可愛い、綺麗な芸能人の瞳はキラキラしていますよね。

 

 

私は、

 

・長年アイプチをしていた

 

・カラコンを愛用している

 

・埋没法でやや幅広い二重にした

 

 

こんな事が重なって眠たそうな目になっていました。

 

 

お酒を飲んで酔いがまわると決まって、

 

 

眠そうだね。帰ろうか?

 

 

とかよく言われました。

湘南美容クリニック デカ目 眼瞼下垂 体験

 

全然眠くないし、まだまだ飲みたいのに(´Д⊂ヽ

 

そんな印象を与えてるのが凄くイヤでした。

 

 

思いっきり目を開けて、

 

 

このくらい黒目が大きければ・・・

 

 

ずっと悩みたくないので、湘南美容クリニックに予約をしました。

 

 

前回の埋没法での施術から約2年は経っていました。

 

 

埋没法での二重は凄く気にいっていたので、今回も同じ先生を指名しました。

 

※ドクターの指名料はかかりません

 

 

久しぶりなので少し緊張しました。

 

 

埋没法での体験を鮮明に覚えているので痛み等の恐怖はないんですが、整形って少しの覚悟は必要なので、

 

切らない眼瞼下垂術の症例写真を何度も何度も見てイメージを膨らませました。

 

症例写真を見るとみんな黒目がはっきり見えて可愛らしい印象なんですよね。

 

 

 

私も絶対キラキラ黒目になりたい。 

湘南美容クリニック デカ目 眼瞼下垂 体験

 

 

酔っぱらってガチャピンなんて言わせない。

 

(全国のガチャピン好きな方ごめんなさい。個人的にガチャピンは好きです^^)

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術のカウンセリング

 

2年ぶりの湘南美容クリニックです。

 

今回も新宿本院です。

 

 

前回埋没法の施術をしてくれたドクターを指名しましたが、

 

結構予約が入ってるみたいで希望日より少し先になりました。

 

人気がある先生なんて2年前の私は知らなかったから、

 

なんか色々と安心しました。

 

 

信頼されている先生にやってもらうのが一番です。

 

 

相変わらず、新宿本院は混んでました。

 

でもガラガラの美容外科なんて絶対イヤですからね。

 

 

今回も番号の書いてあるフォルダーを渡され、待合室のイスに座りながら携帯をいじってました。

 

この時でも湘南美容クリニックの公式サイト内にある多数の症例写真を見ていました。

 

イメージは大事です。

 

待つこと20分。

 

 

カウンセリングルームへ

 

 

私は希望の「切らない眼瞼下垂術」を伝えた所、

 

またしてもカウンセラーのお姉さんも「切らない眼瞼下垂術」の経験者でした!

 

 

前回の埋没法の時もそうですが、カウンセラーの美容整形率が高い

 

 

でもこれって、患者さんの立場からすれば心強いですよね。

 

文面だけで説明されてもイマイチ分からないこともありますから。

 

 

カウンセラーのお姉さんは、

 

「視界が広がって肩こりがとれた」

 

と言っていました。

 

 

眼瞼下垂は、頭痛や肩こりの原因の1つだと知りました。

 

(私は慢性的な肩こりの持ち主なので全く気がつかなかったです)

 

 

待合室に戻るなり、行きかう従業員さん達の顔をチラチラ見てしまいました。

 

皆さんの美しい理由が少し分かった気がします。(^^)

 

 

そして、待つこと20分。

 

先生と2年ぶりの再会です。

 

 

ドクターカウンセリング

 

 

私「お久しぶりです」

 

 

絶対私の事なんて覚えてないはず。

 

毎日何十人もの患者さんを見ているし、

 

たかが埋没法10分施術したくらいの私なんか覚えているはずがない。

 

 

「お久しぶりですね。二重も良い感じだ。」

 

 

私「え?」

 

 

「2年経過して二重が自然に落ち着きましたね。幅広めの希望でしたから今くらいが一番良い感じに馴染んでますね。」

 

 

先生は覚えていてくれました。

 

いやもっと正確に言えば、

 

前回の写真付きのカルテを見ながら先生は話してくれていたんだと思います。

 

 

私「今日は、切らない眼瞼下垂術の施術を希望していまして。」

 

 

先生は、私の目をジッと見て「確かに軽い眼瞼下垂になっている」とのこと。

 

 

この程度なら切開する眼瞼下垂手術より、
切らない眼瞼下垂術の方が負担も少ないと先生も言ってました。

 

 

※この時私は仕事をしていたのでダウンタイムはMAX3日間です!

 

 

カウンセリングを終え、支払いを済ませて一旦待合室へ。

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術の施術

 

次に呼ばれたら、施術が始まる。

 

 

期待を胸に少し怖さを感じながら、

 

自分に「2回目だから、大丈夫」と言い聞かせ待ちます。

 

(埋没法から数えて2回目の施術です)

 

 

15分後...

 

 

呼ばれた私は施術室へ。

 

今回も看護婦さんに痛み止めの薬(鎮痛剤)と炎症を抑える目薬を渡されました。

 

(施術後だと渡し忘れがあってはいけないので先に貰います)

 

 

手術台に横になり、術用の手袋とマスクをした先生が登場。

 

 

私は鼻から笑気麻酔を吸って点眼麻酔をさしてもらい、リラックスモードへ。

 

局部麻酔を瞼に数カ所打っていきます。

 

前回はチクって言う程度で、全然余裕だったんですが今回は、

 

 

「痛っ!」

 

 

思わず声が出ちゃいました。

 

 

先生「ごめんね。もう少しだから我慢してね。」

 

 

 

気づいたんですが、打つ場所によって痛みが違う事が分かりました。

 

4カ所麻酔打った中で、痛いと感じたのが両目で1カ所づつ。

 

 

埋没法の体験談でも話していますが、

 

私は痛みに超弱い人間なので、普通の人なら余裕じゃん!ってなると思います。

 

 

手際がいい先生は細い糸と針で私の瞼を縫っていきます。

 

埋没法と違う所は、瞼の筋肉部分に糸を通すので力をかけながら縫っているのが分かりました。

 

 

 

ググっ!ググっ!

 

 

 

先生の力が伝わります。

 

(あー今、糸が通った)

 

 

 

凄く冷静です。

 

 

 

普通なら「ギャー!」ってなってしまう事が起きているにもかかわらず冷静でいられるのは、麻酔のおかげなんですね。

 

 

痛みはないけど縫われてる感覚がある。

 

 

本当に凄く不思議な感覚です。

 

 

 

先生「はい、終わりましたよ(^^)」

 

 

 

先生の声と同時に鏡が渡される。

 

 

私「うわっ! 腫れている!」

 

 

自分で想像していたより、ガチャピンみたいになっている。

 

ガチャピンから卒業したくて、施術したのにガチャピン以上のガチャピンになっている。(←汗)

 

 

でもよく見ると黒目が以前より出ている。

 

 

先生「埋没法の時より少し腫れているけど、2〜3日すれば落ち着くから大丈夫だよ。」

 

 

先生、その言葉信じるよ・・・。

 

看護師さんに起こしてもらい、もう一回鏡を見せてもらう。

 

 

うーん、これは一晩泣いたって親に言うしかない。

 

(当時、実家住まいだったので)

 

 

先生と看護師さんにお礼を言って施術室を後にした。

 

 

湘南美容クリニックのトイレへ行き、持参していたサングラスをかけて帰りました。

 

 

埋没法の時より瞼が重い感じがしました。

 

これは先ほど言いましたが、筋肉に糸を通したからだと思います。

 

筋肉は皮膚より硬いので。

 

 

でもこの腫れが引いた時にはきっと黒目パッチリになっているはず・・

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂・施術当日の夜

 

切らない眼瞼下垂の施術を受けた当日の夜。

 

 

サングラスをかけて家に帰るも家族はみんな自室に居て顔を合わさず済みました。

 

 

妹だけには湘南美容クリニックで整形してくると言っていたので見てもらったら、

 

 

妹「泣いてそのまま寝っちゃった時みたいwww」

 

 

と笑われました。

 

 

「ガチャピンっぽくない?」

 

 

妹「ガチャピンに失礼だから謝れ!」

 

 

「・・・」

 

 

何度も登場させてしまってごめんねガチャピン・・・

 

でもそのくらいの腫れで良かった。

 

もっと「岩さんみたいになったらどうしよう」という不安はありましたから。

 

 

早く腫れよ、引いておくれ。

 

 

お星さまに願いながら、痛み止めの薬を飲んで寝ました。

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術2日目

 

起きたらまぶたが重い!!

 

てか、目ヤニで目が開かない!!

 

手探りで、鏡を探す。

 

 

「・・・・・アレ!!昨日の2倍腫れている!!」

 

 

はい、私はガチャピンを通り越していたのです

 

テンションがた落ちです。

 

埋没法の時はそこまで腫れなかったから、

 

腫れは同じくらいだと勝手の思い込んでいました。

 

 

この時には、腫れているせいで術前より下垂している状態です。

 

 

このままの状態がずっと続いたらどうしよう・・

 

3日後には仕事だから、整形した事がバレたらどうしよう・・

 

 

まさかこれ、失敗?・・・

 

 

不安が募るばかりです。

 

何度鏡を見てもそこに居るのは腫れぼったい目をしている私。

 

この日は食欲もなく、一日中部屋に引きこもってました。

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術3日目

 

 

う、また目が開かない。

 

目ヤニだな。

 

この時にはもう慣れていました。

 

ティッシュを水で濡らして目ヤニを取って鏡を覗くと、

 

 

アレ?

 

 

昨日より腫れが引いている。

 

少し安心したのか、この日はひたすら寝ました。

 

 

 

【SBCデカ目術】切らない眼瞼下垂術4日目

 

 

目ヤニに悩まされる事もなく、まぶたに違和感もなく起きれました。

 

鏡を見ると、腫れが結構おさまっていて肝心の黒目がはっきりと見えるではありませんか!

 

 

 

感動

 

 

 

明らかに瞳がキラキラしています。

湘南美容クリニック デカ目 眼瞼下垂 体験

 

 

眠そうだった印象が優しい印象に変わりました。

 

 

やって良かった・・・

 

 

この言葉につきます。

 

 

術後すぐは不安でいっぱいだったけれど、

 

希望通りの「目」を手に入れる事が出来て嬉しかった。

 

 

切らない眼瞼下垂術は、
埋没法と似ているけれど糸を通す場所、腫れ具合は違います

 

 

私みたいな埋没法の施術経験者は腫れが出やすいみたいです。

 

 

それでも3日〜4日もすればある程度落ち着きます。

 

 

術後5日目に、一応メガネをかけて会社に出勤したんですが誰一人と気が付きませんでした。

 

 

私は誰にもバレずに、

 

 

切らない眼瞼下垂術の施術は成功しました♪

 

 

 

目がすごく大きい印象になり、視野も広がり何故か「整形した?」じゃなくて、「痩せた?」言われる事が多くなりました。

 

 

目がはっきりした事によって、目の上の脂肪が減ったという錯覚でそう見えてるんだと思います。

 

 

目も大きくなって痩せたと言われるようになって、なんだか一石二鳥w

 

 

つくづく思います。

 

 

美容整形って本当にスゴイ

 

 

 

症例写真が豊富!湘南美容クリニック公式サイト【無料カウンセリング】

 

「SBCデカ目・切らない眼瞼下垂術」の体験談・口コミはこちら!

 

 

〜こちらの私の体験記事もどうぞ〜

 

★整形するきっかけ
★二重の埋没法
★目尻切開
★たれ目術
★涙袋形成
★鼻のヒアルロン酸注射
★脇のボットクス注射【わきが・多汗症】
★小顔注射BNLS neo【脂肪溶解注射】★フォトシルクプラス【シミ・くすみ対策】

 

 

美容整形

 

 

 

TOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加